家族問題研究学会Japanese Council on Family Relations


2006年度 例会


2006年度第三回例会:
日時:2006年12月16日(土) 14:00 〜 17:00
会場:慶応義塾大学三田キャンパス第一校舎1階132教室
司会:千田有紀(東京外国語大学)

報告者1:「智恵(慶應義塾大学大学院)
報告題目:「共働きで夫はストレスがたまるのか」

報告者2:永井暁子(東京大学社会科学研究所)
報告題目:「対等な夫婦は幸せか」
・報告要旨はこちらをクリック

--------------------------------------------------------------------------------
2006年度第ニ回例会:
日時:2006年10月14日(土) 14:00 〜 17:00
会場:慶応義塾大学三田キャンパス第一校舎1階106教室
司会:田渕六郎(名古屋大学)

報告者1:安勝熙(日本大学大学院)
報告題目:「韓国の人口高齢化と居住形態」

報告者2:野辺陽子(東京大学大学院)
報告題目:「親子規範の変容と再生産を問う」
--------------------------------------------------------------------------------
2006年度第一回例会(修士論文報告会):
日時:2006年4月22日(土) 13:30〜
会場:明治大学駿河台校舎・研究棟第1会議室
司会:渡辺秀樹(慶應義塾大学)

報告者1:楊雪(慶応義塾大学大学院)
報告題目:「市場経済化と中国都市部の高齢者扶養―瀋陽市を中国都市部の一例として―」

報告者2:佐藤純子(早稲田大学大学院)
報告題目:「少子国家・日本における子育て支援―金沢市・ニュージーランドを事例として」

報告者3:清水冬樹(石神井学園)
報告題目:「離婚母子家庭の子どもへの父親役割に関する研究」

報告者4:柿眞木(慶応義塾大学大学院)
報告題目:「中年期の高学歴専業主婦の意識構造−性別役割分業意識を中心として−」
・報告要旨はをこちらをクリック



 

      

■入会・会員情報の変更など事務取扱は、下記までお願いします。
家族問題研究学会事務局
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 株式会社毎日学術フォーラム内
TEL:03-6267-4550
FAX:03-6267-4555
E-mail:maf-kamonken@mynavi.jp
■機関誌『家族研究年報』の入手を希望される方は、下記までお問い合わせくだ さい。
家族問題研究学会販売代行
住所・TEL/FAXは同上。
E-mail:maf-sales@mynavi.jp


最新情報

家族問題研究学会大会
2017年7月15日(土)
例会     
2017年12月2日(土)
機関誌『家族研究年報』    
No.41(2016年)