家族問題研究学会Japanese Council on Family Relations


2008年度 例会


2008年度第三回例会:
日時:2009年3月28日(土) 14:00 〜 16:00
会場:早稲田大学文学部戸山キャンパス内32号館325号教室 

報告者:山本雅基(ホスピス「きぼうのいえ」施設長)
報告題目:「在宅ホスピスケアをとおして見た命のすがた」
--------------------------------------------------------------------------------
2008年度第ニ回例会:
日時:2008年10月18日(土) 14:00 〜 17:00
会場:早稲田大学文学部戸山キャンパス34号館151教室
司会:清水浩昭(日本大学)

報告者1:池岡義孝(早稲田大学)
報告題目「山根家族社会学における核家族論」

報告者2:畠中宗一(大阪市立大学)
報告題目「山根家族論の家族支援論への応用と展開」
--------------------------------------------------------------------------------
2008年度第一回例会:
日時:2008年4月26日(土) 13:00 〜 18:00
会場:慶応義塾大学三田キャンパス南校舎2階421番教室
司会:千田有紀(武蔵大学)

報告者1:加藤紀美(日本女子大学)
報告題目「社会事業としての『結婚相談事業』 ―戦前東京市における『結婚相談事業』の成立と展開」

報告者2:阪井裕一郎(慶應義塾大学大学院)
報告題目「仲人の規範化と近代日本の結婚―結婚のモーレスの国家的編成」

報告者3:佐川真由美(お茶の水女子大学大学院)
報告題目「『日本人』-『外国人』をめぐる一考察―『国際結婚』の事例から」

報告者4:三部倫子(お茶の水女子大学大学院)
報告題目「カミングアウトから見た『家族』 ―ゲイ・バイセクシュアル男性の『生まれた家族』の語りから」

報告者5:八木孝憲(慶應義塾大学大学院)
報告題目「家族のオルタナティブ・ライフスタイルとしての専業主夫 ―専業主夫へのインタビュー調査を通して見えてくること」

報告者6:高安桃子(東京学芸大学大学院連合)
報告題目「中途障害者の介助における家族とジェンダー―アジア・太平洋戦争中の傷痍軍人の妻役割を中心に」


 

      

■入会・会員情報の変更など事務取扱は、下記までお願いします。
家族問題研究学会事務局
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 株式会社毎日学術フォーラム内
TEL:03-6267-4550
FAX:03-6267-4555
E-mail:maf-kamonken@mynavi.jp
■機関誌『家族研究年報』の入手を希望される方は、下記までお問い合わせくだ さい。
家族問題研究学会販売代行
住所・TEL/FAXは同上。
E-mail:maf-sales@mynavi.jp


最新情報

家族問題研究学会大会
2017年7月15日(土)
例会     
2017年5月14日(日)
機関誌『家族研究年報』    
No.41(2016年)