家族問題研究学会HP

家族問題研究学会Japanese Council on Family Relations


2020年度 例会

2020年度第二回例会
日時 : 2020年12月6日(日)14:00〜
会  場 : ZOOMによるオンライン開催(※下記案内をご参照ください)
参加資格 : 会員のみ(※入会希望の方は別途お問い合わせください)
参 加 費 : 無料
司  会 : 久保田裕之(日本大学)・南山浩二(成城大学)

報告者1:渡瀬 雅紀(社会福祉法人駿府葵会)
報告題目:高齢者・家族介護者の「意向」とケアマネジャーの支援――介護保険制度利用者である高齢者本人と家族介護者の満足度に関するインタビュー調査の結果から
要  旨:介護者支援の観点からいえば、介護サービスの利用者は、高齢者本人だけではなく、家族介護者も含むことができる。 高齢者本人と家族介護者の間で「意向」が異なること、さらに、本人・介護者それぞれがケアマネジャーに対し表出する 「意向」が「本音」と異なっていることも少なくない。こうした諸相にある「意向」をめぐりケアマネジャーの支援がどのように作用・関連しているのか、 サービス利用者を対象としたインタビュー調査の結果から考察した。本論の試みは、利用者のニーズとサービスを繋ぐ専門職であるケアマネジャーの支援が 制度の基本理念の一つである「利用者主体」を実現できているかどうかを問うことにもなるといえるだろう。

報告者2:岡田 玖美子(大阪大学大学院)
報告題目:戦後家族社会学における夫婦間情緒についての言説の動向と背景――初学者向けテキストの分析をとおして
要  旨:「情緒」をめぐっては、その概念や用語のばらつきのほか、十分に理論的蓄積や視点の相違が整理されていない点が指摘されてきた。 そのなかで 2000 年代以降、日本の家族の情緒性に関する歴史社会学的研究や学説研究が進んでいる。近年、学説史ではとくに戦後の民主化論者への関心が高いが、 本報告では戦後家族社会学を俯瞰的に把握するため、初学者向けに執筆され学問上の趨勢を反映した教科書的文献を分析対象とする。 そして、家族の情緒のなかでも夫婦関係におけるものに焦点化し、夫婦間のジェンダー非対称性に関する視点の差異に着目しながら、 言説の動向とその背後にある研究潮流を読み解くことで、対等な夫婦関係の模索に向けた視座を整理する。

報告者3:陳 予茜(明治大学大学院)
報告題目:中国の一人っ子女性の配偶者選択における親子関係
要  旨:本研究は、中国の一人っ子女性の配偶者選択における親子関係を明らかにした。 インタビュー・データの分析の結果、一人っ子女性の多くは「見合い」という形で結婚相手と出会っていた。しかし「見合い」といっても、 その形と内容は伝統的な「見合い」とは異なるものであった。また結婚相手に求めるものについては親子の間に意見のズレが生じており、 親は相手の経済力と安定性を重視するが、子どもは相手の人柄と自分との相性を重視していた。 ただし、こうした意見のズレは、一人っ子女性の親子関係を対立や衝突というよりも、配偶者選択における親子の役割分担であったと考えられる。

--------------------------------------------------------------------------------
2020年度第一回例会
 長引く新型コロナウイルスの影響を考慮し、5月16日(土)に開催を予定していた例会(修論発表会)については、 残念ながら中止とさせていただきます。修論発表会の性質に鑑み、延期は行わないことになりました。 すでにご応募いただいた報告者、ご推薦をいただいた先生方には、大変ご迷惑をおかけすることになり、申し訳ありません。 ご理解のほどよろしくお願いいたします。


 

      

■入会・会員情報の変更など事務取扱は、下記までお願いします。
家族問題研究学会事務局
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 株式会社毎日学術フォーラム内
TEL:03-6267-4550
FAX:03-6267-4555
E-mail:maf-kamonken@mynavi.jp
■機関誌『家族研究年報』の入手を希望される方は、下記までお問い合わせくだ さい。
家族問題研究学会販売代行
住所・TEL/FAXは同上。
E-mail:maf-sales@mynavi.jp