家族問題研究学会Japanese Council on Family Relations


『家族研究年報』No.33(2008年)

■シンポジウム報告(家族の視点から見た少子高齢社会:時間と空間の広がりの中で)
・アジアにおけるケアネットワークと福祉ミックス:家族社会学と福祉社会学の接合 (落合恵美子)
・子育ての比較社会学に向かって:6ヵ国比較調査から(舩橋惠子)
・少子高齢化をめぐる東アジアの中の日本:人口のジャパン・シンドローム克服に向 けて(小川全夫)
・少子高齢社会における高齢者像の変化:家族への依存から自立へ(袖井孝子)
■投稿論文
・子どもを育てることの意味と子ども数の選好:母親の子育て観と子どもへの関わりに注目して(松木洋人・「智恵)
・「愛の労働」としての「遠距離介護」:母親が要介護状態にある老親夫婦への通いの事例から(中川敦)
■書評
・『家族社会学のパラダイム』(目黒依子著) (評者:池岡義孝)
・『おひとりさまの老後』(上野千鶴子著) (評者:竹村祥子)
・『親密性の社会学』(筒井淳也著) (評者:野沢慎司)
・『ポジティブ・アクションの可能性:男女共同参画社会のデザインのため に』(田村哲樹・金井篤子編) (評者:三
 具淳子)


 

      

■入会・会員情報の変更など事務取扱は、下記までお願いします。
家族問題研究学会事務局
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 株式会社毎日学術フォーラム内
TEL:03-6267-4550
FAX:03-6267-4555
E-mail:maf-kamonken@mynavi.jp
■機関誌『家族研究年報』の入手を希望される方は、下記までお問い合わせくだ さい。
家族問題研究学会販売代行
住所・TEL/FAXは同上。
E-mail:maf-sales@mynavi.jp


最新情報

家族問題研究学会大会
2017年7月15日(土)
例会     
2017年12月2日(土)
機関誌『家族研究年報』    
No.41(2016年)