家族問題研究学会Japanese Council on Family Relations


『家族研究年報』No.36(2011年)

■シンポジウム報告(政権交代で家族は変わるか)
・政権交代で家族は変わるか(千田有紀・永井暁子)
・教育政策の動向と家族・教育の役割の変容(藤田英典)
・雇用の劣化と家族の現在―労働相談の現場から見える風景―(鴨桃代)
・なぜ今子育て支援が必要か?―子育てに自信が持てる時代を目指して―(奥山千鶴子)
・日本型生活保障システムの再編と民主党政策の位置―二つの「個人化」の間で―(仁平典宏)
■投稿論文
・戦後日本家族社会学のパラダイム転換で抜け落ちてきたもの
  ―日本社会に存在しつづける直系家族的要素―(施利平)
■小特集(ネットワーク・アプローチの展開と展望)
・ネットワーク・アプローチの展開と展望(野沢慎司)
・ネットワークと地中海地域に関するさらなる考察(ジェレミー・ボワセベン・翻訳 中川雅貴)
・日本の脈絡におけるソーシャル・ネットワーク・アプローチ―社会学の立場から―(目黒依子)
■追悼論文
・老川家族社会学の形成過程とその特徴(池岡義孝・木戸功・渡辺秀樹)
■書評
・『愛の労働あるいは依存とケアの正義論』(エヴァ・フェダー・キティ著) (評者:井上清美)
・『いま、この日本の家族―絆のゆくえ』(岩上真珠・鈴木岩弓・森謙二・渡辺秀樹著) (評者:木下栄ニ)
・『子づれシングル―ひとり親家族の自立と社会的支援』(神原文子著) (評者:中谷茂一)
・『結婚の壁―非婚・晩婚の構造』(佐藤博樹・永井暁子・三輪哲編著)(評者:西村純子)
・『大正期の家族問題―自由と抑圧に生きた人びと』(湯沢雍彦著)(評者:清水浩昭)


 

      

■入会・会員情報の変更など事務取扱は、下記までお願いします。
家族問題研究学会事務局
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 株式会社毎日学術フォーラム内
TEL:03-6267-4550
FAX:03-6267-4555
E-mail:maf-kamonken@mynavi.jp
■機関誌『家族研究年報』の入手を希望される方は、下記までお問い合わせくだ さい。
家族問題研究学会販売代行
住所・TEL/FAXは同上。
E-mail:maf-sales@mynavi.jp


最新情報

家族問題研究学会大会
2017年7月15日(土)
例会     
2017年5月14日(日)
機関誌『家族研究年報』    
No.41(2016年)