家族問題研究学会Japanese Council on Family Relations


著作権譲渡に関するお願い

詳細はこちらをクリック

2021年度家族問題研究学会大会開催のお知らせ

2021 年度家族問題研究学会大会を、7月17日(土)にオンラインで開催します。 大変な毎日をお過ごしのことと思いますが、みなさまのご参加をお待ちしております。

日時:2021年7月17日(土)10:30〜17:30
開催形態:ZOOMによるオンライン形式
*後述するミーティング情報によりご参加下さい。
参加資格
[会 員]事前申し込みは不要です。ニューズレターに記載した参加手順に基づいてご参加ください。※入会ご希望の方は学会事務局まで別途お問い合わせください。
[非会員]事前申し込み制(定員100名)です。下記アドレスにアクセスし、必要事項を記載のうえ、お申し込みください。申し込み締切は、7月14日(水)です。ご登録いただいた方にミーティング情報などをお知らせします。
【参加申し込み】家族問題研究学会大会参加申込 (google.com)
参加費:無料

スケジュール:
10:20 〜: 参加者入室開始
10:30 〜 12:30: 自由報告部会
( 12:30 〜 13:50: 役員会・シンポジウム打ち合わせ)
13:50 〜: 参加者入室開始
14:00 〜 17:00: シンポジウム
17:00 〜 17:30: 総会

プログラム:
■自由報告部会(10:30 〜 12:30)
司会:阪井裕一郎(福岡県立大学)・南山浩二(成城大学)

第1報告者:松本理沙(北陸学院大学)
報告題目:障害者のきょうだいが家族に対して行うケアに関する現状と課題:きょうだい関係とケア責任、将来の計画の観点から
要旨:本研究は、18歳以上の「きょうだい」(障害のある兄弟姉妹がいる者)を対象に実施したアンケート調査に基づく。 研究目的は、障害のある兄弟姉妹のケアに対するきょうだいの関わり方等の現状と課題を把握し、親が障害のある家族の世話ができなくなった時に、 きょうだいが苦労をしないために必要な事柄を明らかにすることである。結果、回答者の約83%が、自分は障害のある兄弟姉妹のサポートをする人の一部であると認識していたが、 その多くが「適切なサービスを見つけることが難しい」「情報不足」「先延ばしにしてしまう」「親が死ぬことについて考えることがしんどい」 「経済的な問題」といった課題を抱えていること等が明らかとなった。

第2報告者:リシュ(中央大学大学院)
報告題目:現代中国の地方都市に在住する中年世代の老親扶養問題:「成功した」人が扶養する規範の発生
要旨:本研究の目的は現代中国の地方都市に在住するきょうだいがいる中年世代を対象として、彼らが直面している老親扶養問題を明らかにすることである。 調査の結果、「成功した」人と見られる中年世代は親世代と子世代の両方を支えなければならないジレンマ状態に陥っていることがわかった。 さらに、きょうだい間の格差があるため、老親扶養の負担がより「成功した」人である当事者に押し付けられる。 「成功した」当事者の老親扶養のコミットがあっても、きょうだいのコミットが期待できない状態であるがゆえ、抱え込まざるを得ない板ばさみ状態の中年世代の苦悩と葛藤が明確になった。

第3報告者:栗村亜寿香(京都大学大学院)
報告題目:夫婦・カップル間の親密性をめぐる社会学的議論の検討:心理学的・セラピー的言説の影響に関する英語圏の議論に着目して
要旨:本報告では、夫婦・カップル間の愛や親密性をめぐる1980年代以降の英語圏の社会学的研究を検討する(F. Cancian 1987; A.Swidler 2001; E.Illouz 2008など)。 これらの論者が指摘するのは、現代的な親密性のモデル(理念)において、情緒的コミュニケーションや自己開示、関係への取り組みといった要素が重視されており、 ここにはロマンティック・ラブや友愛結婚の理念との連続性だけでなく、現代の心理学的・セラピー的言説の影響がみられるということである。この点を明らかにしたうえで、 日本の夫婦・カップル間の親密性に関する先行研究を概観し、親密性をめぐる家族社会学的研究の今後の課題や方向性を考察する。

第4報告者:本多真隆(明星大学)
報告題目:戦後初期における一夫一妻制の性愛と倫理:1945〜50年代前半の「性解放」への着目から
要旨:日本の近代家族研究において、夫婦間の性愛関係への着目は親子間の情緒的関係に比べて相対的に少ない。 とりわけ戦後の文脈の解明については、端緒についたばかりといえる。本報告は、1945?50年代前半の「性解放」をめぐる言説の検討から、その課題の一端に取り組む。 この時期の性解放は、敗戦直後の社会混乱と関連した婚外、婚内に関するさまざまな事象と併せて夫婦間の性愛の重視が中心的なテーマとなった点に特徴がある。 本報告では、夫婦間の性愛関係に関する言説(夫婦雑誌など)を対象に、そこで議論されていた一夫一妻制と性愛の位置づけ、およびそれを取りまくモラルについて検討し、 その時代的特徴や論理構成の類型について議論する。

■シンポジウム(14:00 〜 17:00)
テーマ:子育てと「家族の幸せ」―経済学と社会学の立場から―
趣 旨:家族社会学は久しく、子育てを重要かつ得意とする領域とし、発達心理学や教育社会学、ジェンダー論などの領域と相互に影響しつつ子育て研究を進展させてきた。 2019年には、山口慎太郎著『「家族の幸せ」の経済学 ― データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実』(光文社新書)が刊行されたことは記憶に新しい。家族の悩みにエビデンスでとこまで答えられるのかを統計学的研究に基づいて示している点が評価され、サントリー学芸賞の栄誉に輝くなど社会で大きな注目を浴びた本書は、家族研究への経済学の本格的越境を印象づけるものとなった。  家族社会学もエビデンスに基づき研究を進めている点では同様である。計量中心の経済学に対して、量的・質的研究の双方の蓄積があることが一つの違いと捉えることもできるが、はたして、「『家族の幸せ』の社会学」と「『家族幸せ』の経済学」にはどのような共通点と相違点が存在するのだろうか。  このような問題関心をふまえ、本シンポジウムでは、経済学者として家族にアプローチされている山口慎太郎氏と、社会学の立場から統計学的研究を用いて「家族の幸せ」にアプローチし、家族政策に対する提言をされてきた柴田悠氏のお二人を報告者としてお迎えした。そしてさらに、このお二人を有機的につなぐ触媒としての討論者の役割を、女性の就業と子育てについて統計学的手法も用いながら家族社会学に軸足を置いて研究をされている西村純子会員に担っていただく。 具体的には子育てをテーマとして取り上げ、経済学と社会学との対話を通して、「家族の幸せ」とは何かを考えるとともに、「家族の幸せ」にアプローチする家族社会学の視点、方法や解釈、学際的なコラボレーションの可能性について、フロアの皆さまとともに探ることができればと考えている。
司 会:宮坂靖子(金城学院大学)・阪井裕一郎(福岡県立大学)
討論者:西村純子(お茶の水女子大学)

報告者1:山口慎太郎(東京大学)
報告題目:「家族の幸せ」の経済学
要  旨: 本講演では、家族政策が「家族の幸せ」に及ぼす影響を実証的に評価した経済学研究を概観する。育休制度を整えることは、どのように本人の就業と子供の発達に影響するだろうか。育休制度は暗黙のうちに母親が取得するものと考えられがちであるが、近年は、父親の育休取得に注目が集まっている。父親の育休取得が本人のキャリア、家事・育児参加、子供の発達、そして妻の健康に及ぼす影響についての研究が見られるようになってきた。  一方、子どもが育つにつれて、若い親たちは育児休業を終えて職場に復帰する。その際に不可欠なのは保育所だ。保育所の利用が、親たちの就業や家事・育児分担、子どもの発達、さらには幸福度といったものまで幅広く影響を及ぼすことが明らかになってきている。  そして、こうした家族政策は「家族の幸せ」を高めることを通じて、出生率に対しても影響を及ぼすことが知られている。家族政策にはさまざまなものがあるが、出生率を高める上でより効果的な政策はどのようなものだろうか。経済学の理論と実証研究結果を紹介する。

報告者2:柴田 悠(京都大学)
報告題目:子育てと「家族の幸せ」―社会学の立場から―
要  旨:少なくとも社会学では、社会関係の潜在的機能や意図せざる結果を考慮に入れるので、家族関係のもたらす「幸福」だけでなく「不幸」にも着目する。そのうえで、「その不幸を、子育て支援や介護支援、両立支援などによって、いかに軽減できるか」という問題意識で研究することも多い。報告者も同様の問題意識で、「社会的に不利な家庭に生まれた子どもが、その生まれの不利によって成人後に被る不利(主観的幸福感の低さやそれに至る経路上の不利)、つまり『不利の親子間継承』を、公的支援によっていかに軽減できるか」を研究している。 日本での先行研究によれば、「不利の親子間継承」の端緒は幼児期(小学校入学前)にすでに見られるため、遅くとも幼児期からの支援が必要である。そこで報告者は、幼児期における比較的長期間・長時間の支援である「保育所通園」(を通じた支援)に着目している。現在の成人の大部分は、幼児期での支援として「保育所への長期通園」と「保育所や幼稚園への短期通園」のどちらかを経験している。そのため、幼児期での支援の(成人後まで及ぶ)長期的効果の一部は、「保育所長期通園群」と「短期通園群」との(傾向スコア等を揃えた)比較によって分析できる(日本での先行研究は見当たらない)。本報告ではその分析結果を紹介する。

○今後の例会の開催について
 今後の例会ですが、年度内に2回の開催を予定しております。日程・企画が確定しましたら、ニューズレターおよび学会ホームページを通じてお知らせいたします。ご参加のほどよろしくお願いいたします。


お知らせ(New)

・新型コロナウイルス感染症の感染予防徹底のため、事務局はテレワークを実施する日がございます。
 当面の間、原則メールにてお問合せいただきますようお願い申し上げます。
・「学会事務業務委託先の変更について」
 2017年4月1日より、学会業務委託先が下記に変更になりました。
 家族問題研究学会事務局
 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 株式会社毎日学術フォーラム内
 TEL:03-6267-4550
 FAX:03-6267-4555
 E-mail:maf-kamonken@mynavi.jp
・『家族研究年報』の投稿規程を改訂しました。詳細については、『家族研究年報』のページをご参照ください
・2012年度から、「常勤職に就いていない一般会員」の会費について、学生会員と同じく年額3000円に減額することになりました。 この減額には申請が必要となりますので、希望するかたは、こちらの書式に記入して申請してください。

What's New

2021/10/10
著作権譲渡のお願い       更新
2021/06/30
次回大会のお知らせ       更新
2021/05/09
次回例会のお知らせ       更新
2021/02/18
次回例会のお知らせ       更新
2020/11/30
次回例会のお知らせ       更新
2020/11/05
次回例会のお知らせ       更新
2020/10/11
役員体制            更新
2020/09/22
投稿規程 執筆要領       更新
2020/09/17
総会開催のお知らせ       更新
2020/07/30
『家族研究年報』最新号     更新
2020/02/25
事務局テレワーク実施のお知らせ 更新
2020/02/25
例会中止のお知らせ       更新
2020/02/07
次回例会のお知らせ       更新
2019/12/26
役員体制            更新
2019/11/24
次回例回のお知らせ       更新
2019/06/25
次回大会のお知らせ       更新
2019/05/03
次回例会のお知らせ       更新
2019/02/18
次回例会のお知らせ       更新
2018/11/20
次回例会のお知らせ       更新
2018/08/30
役員体制            更新
2018/07/02
次回大会のお知らせ       更新
2018/05/10
次回例会のお知らせ       更新
2018/03/01
次回例会のお知らせ       更新
2017/11/11
次回例会のお知らせ       更新
2017/05/20
次回大会のお知らせ       更新
2017/05/01
次回例会のお知らせ       更新
2017/04/10
学会業務委託先の変更      更新
2017/01/16
次回例会のお知らせ       更新
2016/10/16
次回例会のお知らせ       更新
2016/10/10
役員体制            更新
2016/10/10
『家族研究年報』最新号     更新
2016/07/14
次回大会のお知らせ       更新
2016/05/01
次回例会のお知らせ       更新
2016/02/05
次回例会のお知らせ       更新
2015/09/15
次回例会のお知らせ       更新
2015/08/15
『家族研究年報』最新号     更新
2015/03/04
次回大会のお知らせ       更新
2015/03/01
次回例会のお知らせ       更新
2015/01/30
次回例会のお知らせ       更新
2014/08/10
『家族研究年報』最新号     更新
2014/08/10
役員体制            更新
2014/04/22
次回例会のお知らせ       更新
2014/03/01
家族問題研究学会大会のお知らせ 更新
2014/03/01
次回例会のお知らせ       更新
2013/06/30
次回シンポジウムのお知らせ   更新
2013/04/24
次回例会のお知らせ       更新
2012/10/24
役員体制            更新
2012/10/24
事務局住所           更新
2012/10/24
次回例会のお知らせ       更新
2012/07/01
次回シンポジウムのお知らせ   更新
2012/04/06
次回例会のお知らせ       更新
2012/03/17
次回例会のお知らせ       更新
2012/02/13
次回例会のお知らせ       更新
2011/10/03
『家族研究年報』37号投稿論文 募集
2011/07/25
『家族研究年報』最新号     更新
2011/07/12
次回シンポジウムのお知らせ   更新
2011/05/27
『家族研究年報』執筆要綱    更新
2011/05/05
次回例会のお知らせ       更新
2011/04/02
ホームページリニューアル

      

■入会・会員情報の変更など事務取扱は、下記までお願いします。
家族問題研究学会事務局
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 株式会社毎日学術フォーラム内
TEL:03-6267-4550
FAX:03-6267-4555
E-mail:maf-kamonken@mynavi.jp
■機関誌『家族研究年報』の入手を希望される方は、下記までお問い合わせくだ さい。
家族問題研究学会販売代行
住所・TEL/FAXは同上。
E-mail:maf-sales@mynavi.jp



最新情報

家族問題研究学会大会
2021年7月17日(土)
例会     
2021年5月29日(土)
機関誌『家族研究年報』
No.45(2020年)