家族問題研究学会Japanese Council on Family Relations


2020年度家族問題研究学会第三回例会(オンライン開催)のご案内(申し込み締切延期)

 2021年3月13日(土)に、家族問題研究学会例会を下記の通りオンラインで開催いたします。 新型コロナウィルスの感染拡大は、私たちの日常に大きな影響を及ぼし続けています。 今回の例会では、コロナ禍において深刻化している格差・貧困問題の一つの切実な例であるひとり親家庭をとりあげ、 NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事長の赤石千衣子氏、社会学者の神原文子会員のお二人にご報告いただきます。 大変な毎日をお過ごしのことと思いますが、是非ご参加ください。

日時・開催形態: 2021年3月13日(土)午後1:30〜午後3:30(オンライン開催)
参加資格 : 会員  事前申し込みは不要です。ニューズレターに記載した参加手順に基
          づいてご参加ください。
※入会希望の方は学会事務局まで別途お問い合わせください。
      非会員 事前申し込み制(定員100名)です。下記、アドレスにアクセスし
      必要事項を記載のうえ、お申し込みください。申し込み締め切りは
      3月11日(木)です。ご登録いただいたアドレスに、3月12日(水)
      までにミーティング情報などをお送りします。
【参加申し込み】家族問題研究学会例会参加申込 (google.com)

参 加 費 : 無料
司会:南山浩二(成城大学)・久保田裕之(日本大学)

第一報告:赤石千衣子(NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事長)
報告題目:コロナ禍のひとり親―支援活動と調査結果から―
報告要旨:NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむは、シングルマザー経験者を中心に活動するシングルマザー親子のサポート団体である。 本団体は、1980年、児童扶養手当制度の改善を目指してシングルマザーが集まり任意団体として発足し、 その後、活動を広げ2002年にNPO法人となり、2018年には認定NPO法人の認定を受けている。 「シングルマザーと子どもたちが生き生きと暮らせる社会をつくること」を目標に掲げ、 就労支援、相談事業、セミナーと人材育成、情報提供、新入学お祝い金事業、親子のイベントなど、様々な活動を精力的に展開している。 新型コロナウィルスの感染拡大により、ひとり親と子どもたちの暮らしは、窮迫し、生活の様々な側面において非常に困難な状況にある。 今回は、本団体が行っている支援活動や調査結果、政策提言、他団体支援などの報告を通じて、 コロナ禍にあるひとり親と子どもたちの実状と社会的課題について、参加者と共有する機会としたい。

第二報告:神原文子(社会学者)
  報告題目:コロナ禍における子づれシングル注)女性の生活困難―社会学の視点から−
報告要旨:2020年3月、コロナ禍による臨時一斉休校が要請され、4月には緊急事態宣言が発令され、 やがて、子づれシングル女性たちの窮状が、私のところにも伝わってきた。どんな支援ができるかと考える中で、 日本中のだれもが不便や困難を強いられ、不安を抱いている状況において、 子づれシングルたちの生活実態を浮き彫りにするためのデータの必要性に行き当たった。 幸い、2020年7月に大阪府の男女共同参画担当部局が「コロナ禍が女性に及ぼす影響」に関するWEBとアンケート用紙による緊急調査を実施した。 府内在住・在勤の女性911人と男性185人の回答があった。性別、職種、世帯構成などを異にする回答者の比較から、 コロナ禍において、男性よりも女性、正規雇用よりも非正規と自営業、中学生以上の子どものいる世帯よりも小学生以下の子どものいる世帯、 大人が複数いる世帯よりも大人がひとりの世帯ほど、経済面のみならず生活全般にわたる重複する困難を被るリスクの高いことが示唆された。 この結果等をふまえて、コロナ禍における子づれシングル女性の「社会的排除の深刻化」モデルを提示したい。
注)「子づれシングル」とは、子どもを養育している無配偶の生活者を意味する神原の造語である。

      

■入会・会員情報の変更など事務取扱は、下記までお願いします。
家族問題研究学会事務局
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 株式会社毎日学術フォーラム内
TEL:03-6267-4550
FAX:03-6267-4555
E-mail:maf-kamonken@mynavi.jp
■機関誌『家族研究年報』の入手を希望される方は、下記までお問い合わせくだ さい。
家族問題研究学会販売代行
住所・TEL/FAXは同上。
E-mail:maf-sales@mynavi.jp